So-net無料ブログ作成

長橋仮説 [雑感]

なんだか
今期は
早朝からの日と
深夜までの日が混在していて
体調を維持するのが
大変です。

今日生徒が
部活の試合や練習が大変で
考えるだけでつらいと
私はどうやって
毎日沢山仕事をやってるのかとか
体力的に不安にならないのか?
と聞かれましたが

まあ
確かに不安は考えれば
あります。
仕事がびっしり入ってますし
移動も長距離ですし
座れないので立っている時間が長いですし
体調を崩したらしんどい
足を痛めたり骨折したら
移動できず大ピンチ
倒れたら生徒の受験はどうなっちゃう
そんな不安
考えれば無数にあります。
でも
考えなければゼロです(笑)
当たり前か

生徒にそれを言ったら
答えになってない
克服する方法を教えろ
と言われましたが

私の不安解消法
そのことについて
いかに考えなくするか
それしかないんです。
だって不安の元凶って考えることですから。
それを取り除けばいい話で…
でもそれには結構なトレーニングが必要ですが
とりあえず考えない
これしか私はわかりません。
考えても分からないので考えません!(笑)

誘惑に負けそうな人
誘惑には近づかない
このメール見たら傷つきそう
そういうメールは絶対見ない
こういう回避って本当に大切です。

まあ体力に関しては
私も自信はないですよ
こんなに授業入れて大丈夫かな
とか
満員電車が極度にストレスな私に
この電車乗れるかなとか
まあ途中下車してもいいように
早め早めに出てますが。
色々悩んだ時期も長くありました。

でも今は
ただただ最初から全力投球
ダメになったら倒れる戦法ですね。
これが結構体力のもちがいいです。

小学校の頃、長橋くんという足の速い子から
リレーの時に習ったんですよね
実名公表しちゃいますが。
確か1人100mアンカーは200m走るんですが
小学生に100mって結構きついんです。
だからみんな余力を残して前半走るんです。
それを見てた長橋くんが
あれじゃ勝てないんだよなって。
最初から全力でいかないとって。
余力を残しても、結局後半みんなバテるのはさして
差がつかないから全力で行った方がいいって。
まあ、よく理屈はわかりませんでしたが
素直に信じて前半から全力で行きましたら75mくらいで
バテてしまってそこからが
まあきついきつい
いや、もう二度と走りたくないくらい。
空気で溺れました。

でもそれで結局、1人1人の50mのタイムだと
1番遅かった私たちの組が何故か優勝できたんです。

どうも納得できない理論でしたが
気になってずっと覚えてます。
この長橋仮説
そして、その仮説をこの歳になって
実行していようとは(笑)
よくわからないですが
最初から全力で行った方が
授業も1日楽なんです。
先のことなんて考えないで。
確かに
夜の授業は計算力とかバテ気味ですが(笑)
そこは優秀な生徒たちがフォローしてくれるはずです(笑)

私に相談した生徒にも
この長橋仮説をやってみるように言いました。
まあ多分やらないでしょうね(笑)
でも私はこのおかげで助かってます。
毎日
体力も限界を超えてるせいか
ついてきましたし
脳のスタミナもついてきてましたね。
あまり寝なくても働く度合いは大きくなりました。
生徒がおかしな発言、行動をすることに対する
ストレス耐性は強くなってないですが(笑)

長橋くん
どこで何をしてるか知らないけど
勝手に名前使って
ごめんねm(__)m
苦情はコメント欄にどうぞ!
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。