So-net無料ブログ作成

参議院議員選挙です [雑感]

今日は選挙ですね。
参議院議員選挙。
そもそも
参議院って必要ですかね(笑)

貴族院からできた
いわばパンピーとは違う
勅任議員とか…
解散のない
深い知識と豊かな見識を持った
高度な判断を下せる人々の…
って書いてて
恥ずかしくなるような現状である参議院。

今や、有名人で票集め、みたいな。
これほど分かりやすい形骸化はありませんね。
こんなこと書くと
参議院議員の人は自分たちだって仕事をしてる!
みたいに言われるかと思いますが。
まあ仕事はみんなしてますし(笑)
それに見合うかどうかというのが税金の場合問われるわけで
私には甚だ疑問で
まあ参議院…無くていいと思います。
選挙にかかる費用も
参議院にかかる費用も
節約できますしね。
費用対効果を考えると
今のシステムの参議院はいらないと思います。

私の場合
そもそも存在に疑問のあるものに投票できるのか…
みたいな問題があります。
投票率20%とかになれば
存在意義は無くなるでしょうが
流石にそうはならないですね。

与党も野党もそれぞれの思惑で
投票率は上げたいのです。
与党にしてみれば
例えば投票率が40%で政権を取った場合
残りの60%がどうなるかで
一気に政権がひっくり返るんで
不安で不安で仕方がなくなります。
まあ私はそれくらいの不安感を与えるくらいでちょうどいい
と思ってますが。
野党は野党で
無党派層を取り込むには、基本投票をしなかった人を
いかに取り込むかというのが
基本戦略なので投票率は上がって欲しい。
どちらにしてもプラスなので
ここだけは全党意見が合って国民に
選挙に行け行け煽るんです(笑)
自分の国のこと、自分で決めよう
みたいな嘘を並べて。
個人の意見は反映されません。
間接選挙ですしね。

議員さんて
諸々で年最低でも5000万弱は
貰えるわけで
そのほか諸々換算しますと1億くらいは貰えます。
参議院は選挙費用も衆議院に比べれば
かなり抑えられるわけですし
6年でひと稼ぎしてやめようと思えば
政策秘書の数も少なかったりいなかったり
諸々節約すれば
6年で何億かは残りますね。
これは
宝くじに当たるようなものだと思えば
そりゃ気合い入れて選挙活動をしますよね。

ちなみに国会議員の給料は
貧しい国、日本が世界で圧倒的に高いです。
ちょっと異常なくらい。
特権も多いです。
これをごそっと減らしてもやる人はいますかね…

現在の状況
諸々を考えると
私は参議院は無くて
いいと思いますが
まあ既得権益がある人には手放せないものでしょうから
諸々屁理屈を捏ねてなくならないでしょうね。



nice!(4)  コメント(0)