So-net無料ブログ作成

定義語 [雑感]

世の中の定義された
言葉って
難しいですよね…。

例えば
仕事って何だろう?
と思うわけです。
あ、物理の力と変位の内積の仕事ではない
ですよ(^◇^;)
エネルギーを定義する物理量の。

まあ勿論
色々な使われ方があって
実際にはそれぞれ微妙に違う意味なんで
しょうが。
まあ、使っている者同士が
コンセンサスが取れていればそれで
言いわけですが…
まあでもそれでいいから
曖昧だから困るということも
逆にあるわけで…

例えば
私のプロ家庭教師のお仕事
これって仕事かなあ…って
時々思うんです。
まあ、これで生活をしてますし
仕事なんでしょうが
なんか仕事と言い切ると
違和感を感じるんです。
どうでもいいことなのかも知れませんが。

同じようなことが
私の趣味と言いますか
色々な研究内容を考える時間にやること
これを世間一般ではおそらく掃除というのですが
(笑)
私はなんか、色々な床拭きやら
掃除機は深夜なので近所迷惑なのでやめますが
洗い物でも、台所磨きでも
トイレ掃除でも、玄関を綺麗にするでも
やりながら
考えると非常に頭が冴えるんです。
他のことでも試してみたのですが
この「掃除」が一番頭が働くんです。
ですから考えるときは
いつも「掃除」をしながらやります。
綺麗なところを綺麗にすることもあるわけで
一緒に生活なんてしてる人から見ると
これは諸々評判が頗る悪いんです。
掃除の本来の目的は……
汚くなったところの現状回復
まあ、そりゃそうですよね。
私もわかります。
でも毎日毎日やってると
そりゃそんなに汚いところが
できるわけがない、でも私は
頭を働かせたい!だから「掃除」をする。
これはおそらく
掃除ではないんでしょうね。
行為は掃除ですが
目的が掃除ではない
こういうことはあるわけです。

行為と目的の不一致。

先ほどの
私のプロ家庭教師もそうです。
行為と目的で考えると
普通の仕事のどれにも当て嵌まら無いような…

まあこんなことを個別に考えて言ったら
キリがないですし
きっと意味もないからやめますが
何か漠とした違和感、座りの悪さみたいな
ものを感じるわけです。

逆に定義された言葉が
実際の行動を縛るということも
ありますね。
「勉強」
これは非常に難しい言葉というか
受験生をみてる私からすると
色々思うところがある言葉です。
色々書くと
細かいおじさんになるのでやめますが
皆さんにも伝わりやすいのは
なんだか強いられている感じはしますね。
これが良くないです。
なんか新しい言葉がないですかねえ
もう
受験勉強
っていう言葉だけで
嫌悪感を感じる人もいるくらいですし。

うーん
言葉は難しくも
興味深いものですねえ

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。